ユニットバスの注意事項

 

おもちゃや硬いものでこすったり、ひきずったり、重くて硬いものを落とさないでください。

傷が付いたり、破損するおそれがあります。

 

 

ヘアピンやカミソリの刃などを置いたままにしないでください。

もらいさびがつくおそれがあります。

 

浴槽に熱湯(60℃以上)を入れないでください。

表面が変色したり傷む原因になります。

クリンジョイント(目地)・コーキング・ドアパッキン

床、壁、浴槽、天井などの継目部分にあるクリンジョイント(目地)やコーキング、ドアパッキンを傷つけたり、切ったり、取り外したりしないでください。

水漏れのおそれがあります。

 

入浴後、クリンジョイント(目地)やコーキング、ドアパッキンにかびなどが生えないよう換気してください。

お手入れで取れないかびがついた場合は、クリンジョイント(目地)やパッキンの交換またはコーキングの打ち直しが必要になります。

壁・天井・ドア

・硬いものでこすったり、たたいたりしないでください。

傷が付き破損するおそれがあります。

・壁、天井への穴あけ、釘打ちなどは絶対にしないでください。

・壁面に吸盤付の石けん受けなどを取り付けないでください。

吸盤が壁面を変色させることがあります。

吸盤が直接壁面に触れないように注意してください。

・部材や器具、部品などが壊れたり、不具合で使用できなくなった場合は、すぐに修理をご依頼ください。

そのままにしているとけがをしたり、元に戻せなくなります。

・お手入れの目的以外で、指定していない部品を取り外したり、ねじなどを緩めて、分解しないでください。

元の状態に戻せない場合は、本来の機能・強度に戻らず、故障の原因になります。

・バスルーム内でタバコを吸ったり、その他の火気(コンロ、ストーブなど)を使用しないでください。

火災、コゲなどの原因になります。

・毛染液、染料を使ったあとは軽くふき取り、すぐに洗い流してください。

しみ込んで取れなくなるおそれがあります。

・シャンプーなどの洗浄剤、入浴剤は部材に残らないよう洗い流したり、ふき取ってください。

液に含まれる成分が部材を傷めるおそれがあります。